違法?違法じゃない?気になるクレジットカードの現金化

MENU

違法?クレジットカードの現金化は法律的に大丈夫なのか?

法律的に大丈夫なのか?

 

クレジットカードの現金化、ネットでは違法だとよく言われていますが本当にそうなのでしょうか?

 

もし法律に違反していたら今頃は警察が動いて世の中の現金化業者と利用者は全て捕まっていっている筈です。
では現金化業者は捕まって減っているのか?

 

ネットを見ているとそんな事は全然ありません。

 

では、現金化が違法というのはいったいなんなのか?
違反だとしたらなんの法律に違反しているのでしょうか?

 

そこで現金化は違法のなのかを徹底的に調べてみました。

 

クレジットカード現金化は違法ではない

違法ではない

 

色々と調べてみた結果クレジットカードの現金化は違法ではない言うことが分かりました。

 

違法ではありませんでしたが、グレーゾーンです。

 

ではグレーゾーンとはどういう意味なのでしょうか、詳しく説明させていただきます。

 

現金化が違法じゃない理由

現金化が違法じゃない理由とは

 

クレジットカード現金化は商品をカードで購入し、購入した商品を売って現金を手にするという現金化方法です。

 

ここで問題になるのが購入者が現金化をする意思があったかどうかという事になります。

 

「現金化するのを目的に商品を購入したのかどうか?」ということですね。

 

そしてここでグレーゾーンの問題に当たる事になります。

 

下に2つの例を用意させていただきました。

 

購入者Aさん
現金化目的で新幹線の回数券をクレジットカードで購入し、金券ショップへ売りに行きました。

 

購入者Bさん
一ヶ月に1回東京から大阪へ出張に行くことになったので新幹線の回数券をクレジットカードで購入しました。

しかし、その出張がなくなりました。
会社は交通費を支給してくれなくなったので持っていても仕方ない回数券を売ってカードの支払い金に当てる為、新幹線の回数券を金券ショップへ売りに行きました。

 

Aさんは初めから現金化をする意思がありました。

 

しかし、Bさんは元々現金化をする意思は無く新幹線の利用目的で回数券を購入しています。

 

そして上記の2人ですが、これは立派な現金化行為になります。

 

例えばもし現金化行為を違法だとして法律で裁かれる場合、AさんとBさん2名が違法行為を働いたことになります。

 

Aさんはともかく、Bさんからするとあんまりな話です。

 

高いお金を出して購入した持っていても使わない新幹線の回数券を金券ショップに売っただけで違法行為とみなされる訳です。

 

新幹線の回数券を売らなかった場合、回数券の金額を全額支払わなくてはいけません。

 

それではBさんはただ使わない回数券を購入しただけという事になってしまいますよね。

 

現金化を目的としていない人にも適用されてしまいかねない法律。
このような法律が出来てしまうため、現金化を禁止にする法律を作れないというのがグレーゾーンと言われる理由なのです。

 

違法ではないが規約違反ではある

違法ではないが規約違反がある

 

現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社が定めた規約には違反しています。
規約を破った場合はクレジットカードの利用停止になる可能性があります。

 

クレジットカードが利用停止になってしまうとクレジットカードの未払金を一括返済しなければならなくなります。

 

つまり20万や30万というお金の請求が容赦なく利用者に襲いかかって来ることになります。

 

なので自分で現金化をし続けると法律には反しませんが、いずれ規約に反することになりクレジットカードの利用停止につながってしまいます。

 

現金化は違法ではないが規約違反として裁かれる可能性がある

違法ではないが規約違反がある

 

いかがでしょうか?
調べてみるとカードの現金化がグレーゾーンと言われる理由がわかったような気がしますね。

 

しかし、現金化はカード会社からお金を盗もうとしてるわけではありません。

 

その時に現金が必要だった為、何かしらの理由で仕方なく現金化に手を出してる方達ばかりでしょう。

 

それは人それぞれですが、最初から悪意があるとは限りません。

 

なのに現金化をしてクレジットカードが止まってしまい、一括返済を余儀なくされるのは酷というものです。

 

自分でクレジットカードを現金化をすると多くの確率でカードの利用停止は免れません。

 

しかし、現金化業者は現金化のプロです。

 

現金化業者に現金化を依頼すればカードの利用停止になることはありません。

 

自分で行う現金化の方が損をした時でも納得する事は出来るかもしれませんが、現金化業者を使えばそもそも損をすることなく現金化が可能なんです。

 

こちらに現金化業者の紹介記事があります。
少し参考にする程度でも構いません。

 

よろしければご覧ください。

 

現金化業者一覧

関連ページ

申告内容にはウソをつかない【心得@】
この現金化サービスには審査は一切ございませんが、初回に限り確認事項が何点かあるので、申告内容は業者には、嘘をつかずに返答するようにしましょう。
ショッピング枠残高のご確認【心得A】
ショッピング枠現金化業者にお申込みをする前はクレジットカードのショッピング枠残高をご確認を忘れずに行いましょう。
換金率だけで選ばない【心得B】
ショッピング枠現金化を利用するなら換金率の高い現金化業者を利用することが多いと思いますが、契約は換金率だけで選定しないでください。
来店できる現金化業者【心得C】
ショッピング枠現金化には店舗を構えた業者もあり、直接来店することもできます。
楽天銀行があれば安心【心得D】
ショッピング枠現金化は楽天銀行の口座をお持ちであれば、24時間いつでも入金が可能ですので、15時過ぎや土日祝日でも心配は要りません。
商品の受け取りは原則【心得E】
ショッピング枠現金化の契約業者が配送される商品はどんなことがあってもお客様のご都合で受け取りを拒否しないでください。
悪徳業者の標的になりやすい人の特徴【心得F】
ショッピング枠現金化悪徳業者の標的になりやすい人はどんな人なのでしょうか。
初心者が悪質業者に騙されてしまう理由【心得G】
ショッピング枠現金化では、騙されてしまったという話が耐えません。どうして初心者は悪質業者に騙されてしまうのか、その理由を紹介致します。
ショッピング枠の色々な現金化方法を検証【心得H】
クレジットカードのショッピング枠の現金化方法は色々あります。その方法を試しメリットとデメリットをまとめてみました。
口コミ評判の罠!ここに注意!【心得J】
現金化業者を選ぶ時に口コミを参考にして現金化業者を選んでいる方もいるかもしれませんが、この口コミは業者の自作自演なのです。
クレジットカードの利用停止はこんな簡単に防げる【心得K】
クレジットカードの現金化を利用していたら気になってしまうのがクレジットカードの利用停止になってしまうということ。しかしこんなに簡単な方法でクレジットカードの利用停止は防げるんです。